頭皮臭の原因にはどんなものがある?臭いへの対策方法とは?

頭皮臭が気になっている人や、悩んでいる人は多いかもしれませんが、原因が何なのかは気になりますよね。この記事では、頭皮臭の原因についてと、その対策の方法を詳しくチェックしていきます。

頭皮臭への対策の方法

シャンプーの選び方やすすぎ残しの無い洗髪、ドライヤーの活用、健康な暮らしは、どれも頭皮臭の有効な対策方法となります。どういった点に注意して対策すればいいのか、ポイントごとに見ていきましょう。

 

頭皮に優しいシャンプー選び

口臭,原因,対策

頭皮臭への対策方法としては、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことがまず挙げられます。ラウリル硫酸ナトリウム入りのものはなるべく避け、アミノ酸系シャンプーを選んで使うようにしましょう。

 

アミノ酸系シャンプーは、洗浄効果は少し抑えられますが、頭皮臭予防に頭皮の乾燥などをさけられます。そのため、今使っているシャンプーが洗浄効果の高いものなら、アミノ酸系に切り替えて対策すると良いでしょう。

 

すすぎ残しをしない洗髪

シャンプーで髪を洗った後は、すすぎ残しの無いようにしっかり洗い流しましょう。自分ではすずき切ったと思っても、実際にはシャンプーが頭皮に残っている人が実は多いんです。数十秒でさっと洗い流すのではなく、約3〜4分はすすいであげると、シャンプーがしっかりとすすぎ落とせます。

 

少し洗い過ぎているかなと思うくらいの時間が、シャンプーのすすぎ残しを起こさない程度の長さになります。シャンプーで洗髪した後の丁寧なすすぎは、頭皮臭の有効な対策方法となります。

 

ドライヤーを使った髪の乾燥

口臭,原因,対策

髪を洗った後は、ドライヤーでしっかり乾かすことが頭皮臭の対策に繋がります。髪を洗ってから、ドライを疎かにせず、髪、そして頭皮を乾かすようにしましょう。ドライヤーは髪や頭皮に良くないと思う人も多いようですが、正しく使えばダメージはほとんどありません。

 

また、最近のドライヤーは髪、頭皮を労るタイプのものも主流になってきているので、積極的にドライヤーで頭皮と髪を乾かして頭皮臭対策になります。

 

心身共に健康的に

口臭,原因,対策

規則正しい生活や十分な睡眠、そしてストレスの少ない生活は、頭皮の過剰な分泌を抑制します。心身共に調子が万全でないと、頭皮の皮脂が出やすくなり、頭皮臭が起こってしまうので、普段から健康的に暮らすことも心掛けることが望ましいです。

 

普段の暮らし方を変えるだけでも、頭皮の臭い対策ができるという点は、抑えておきたいところです。

病気が原因のもの

脂漏性湿疹などの病気が原因で頭皮臭が発生するケースは、よく見受けられています。また、糖尿病も稀に頭皮臭の原因となる場合があるので注意する必要があります。

 

脂漏性湿疹

病気で一番多い原因は、脂漏性湿疹によるものです。頭皮の皮脂が過剰に分泌され、頭皮臭が発生します。症状では頭皮臭がよく出ていますが、それに加えてフケ、頭皮の痒みなども一緒に発生することが多いようです。

 

こういった症状と共に頭皮の臭いが気になる場合は、1度病院を受診してみましょう。

 

糖尿病

糖尿病になると、体臭や汗などが甘酸っぱい臭いになります。頭皮の臭いもそれと同じく、何となく甘酸っぱいような感じを得ることが特徴です。皮脂の独特な臭いではなく、甘ったるい感じの臭いが頭皮からしてきたのが分かったら、なるべく早く医師に診察してもらうことが望ましいです。

ヘアケアのやり方が原因のもの

シャンプーの選び方や使い方、そして髪の乾かし方が間違っていて頭皮臭が起こることもよくあります。それぞれの頭皮臭の原因についても見ていきましょう。

 

シャンプーの選び方と髪の洗い方

シャンプーは洗浄効果が高いものが、頭皮の汚れがしっかり落ちて良いと考えられがちです。しかし、洗浄効果の高いものを使い続けると、必要な頭皮の常在菌も洗い流してしまい、頭皮臭を発生させたり、悪化させたりすることがあります。

 

また、このようなシャンプーは頭皮を乾燥させやすく、そこに皮脂が過剰分泌されて臭いのもとになってしまうのです。洗浄効果の高いシャンプーには、ラウリル硫酸ナトリウムが必ずと言って良いほど入っています。

 

この成分は洗浄効果が高く、頭皮には刺激が強いため、避けるべきとされています。シャンプー後のすすぎは、しっかり流しましょう。すすぎが不十分だと、頭皮臭の原因にもつながります。

 

おススメシャンプーの仕方

    口臭,原因,対策

  1. シャンプー前に、髪にブラッシングしましょう。フケや汚れがこの時点で随分落ちます。
  2. シャンプーを付ける前に、しっかりお湯で髪を濡らしましょう。
  3. シャンプー液を髪につけるのではなく、シャンプーに少し水を含ませて、手でしっかり泡立ててから、髪にシャンプーをのせます。汚れを包み込む!
  4. 泡立ったシャンプーを髪にのせ、髪の毛ではなく頭皮を、指の腹でやさしく洗います。
  5. すすぎは、しすぎたかな?と思うぐらい、3〜5分程度、しっから流しましょう。

 

髪の乾かし方

人によっては、お風呂上りに髪をタオルでささっと拭いて終わるということがあるかもしれません。髪が短かったり、自然乾燥が良いと思う人は、よくタオルドライだけで終わらせるている人も多いと思います。

口臭,原因,対策

しかし、タオルドライだけでは頭皮に残った水分を、十分に拭き取ることは難しいとされています。頭皮が湿った状態が続くと蒸れてしまい、雑菌の繁殖によって頭皮臭が発生してきます。

 

ドライヤーで乾かすのが面倒と感じる人も、頭皮臭の予防の意味でも、サラサラ髪になるまでしっかり乾かしましょう。

ライフスタイルが原因のもの

日々のライフスタイルが、頭皮臭を起こすことも考えられます。栄養の偏った食事や、不規則な生活、睡眠不足やストレスなどはニオイの代表的な原因として挙げられています。

 

どの要素も、頭皮からの皮脂分泌を過剰にしてしまい、頭皮の臭いが強くなってしまうことにも繋がります。生活のリズムが崩れている時期が長い人や、偏食がちの人は、この頭皮臭の原因を疑うことも必要であると言えるでしょう。

 

まとめ

頭皮臭の原因は、主に髪の洗い方、乾かし方にあることが分かりました。ヘアケアの方法を考え直すことが、そのまま臭い対策にも繋がります。また、病気が原因であったり、生活習慣が原因である頭皮臭も、人によって起こることがあるようですね。