口臭を放つ原因とは?臭いを改善するために必要な対策は?

口臭が出る原因には、どのようなものがあるのでしょうか。そして、口臭の対策にいても、知りたいという人は多いかもしれません。この記事では、口臭に繋がる原因や、口臭の対策方法について見ていきたいと思います。

口臭への対策方法とは?

口臭の対策方法は、オーラルケアうがい歯医者での定期健診の3つが挙げられます。どれも口臭の原因を作らない為の大切な対策の方法です。それぞれの対策について、細かく見ていきましょう。

 

毎日のオーラルケア

基本的なことではありますが、毎日のオーラルケアは口臭対策としても欠かせません。歯磨きを毎日しているのに、口臭がある人もいるかもしれませんが、丁寧に磨く意識は大事です。闇雲に歯磨きするのではなく、ポイントをおさえた歯磨きが、口臭対策に有効です。

 

口臭対策の歯磨きポイント

    口臭,原因,対策

  • それぞれの歯の汚れを落とすこと
  • 歯と歯茎の間の歯垢を取ること
  • 歯茎に歯ブラシで適度に刺激を与えること

 

歯垢がつくと口臭に繋がります。丁寧な歯磨きと、歯垢を取ってもらうよう歯医者を受診することもおススメです。

 

歯茎が炎症を起こすと、膿が出て口臭になることもあります。歯茎をマッサージ感覚で軽く刺激して、引き締まった歯茎の状態を保つと、歯茎の炎症や膿が出たり、口臭の心配が少なくなります。

 

また、舌苔を取るため、舌磨きも口臭対策に繋がります。舌ブラシを使って優しく舌のケアを行いましょう。強い力で磨くと、大事な味覚の機能が弱まるなど大変なことになるので、あくまで優しくケアをしてあげることが鉄則です。

 

こまめなうがいを心掛ける

口臭,原因,対策

普段からこまめにうがいをすることは、口臭の対策としては重要ですね。特に食後は口の中に食べカスが多く有る状態なので、それを放置すると口臭が発生しやすくなります。

 

歯磨きをすることがベストですが、なかなかそんな時間は無いという人も多いでしょう。そんな時は、うがいをして口の中をスッキリさせるだけでも口臭対策になります。

 

水道水でうがいをする方法で問題ありませんが、うがい薬を使ってするのも殺菌効果があって、口臭の対策やケアに効果的です。食後以外にも、1日に何度もうがいする習慣を付けると、口の臭いを起こしにくくする対策としてかなり有効になるでしょう。

 

歯医者での定期健診の受診

口臭,原因,対策

セルフケアとしては毎日の歯磨きやうがいが中心ですが、定期的に歯医者で診てもらうことも、口臭の対策としておススメです。虫歯、歯周病の有無を調べるだけではなく、歯の磨き残しや口の中の状態を、細かくチェックすることも定期健診では行われます。

 

定期健診を受けることは、口臭の起こりやすい環境ではないかどうかを把握することに繋がります。3か月、もしくは半年に1度は定期健診を受け、歯医者さんからのアドバイスを受けることが口臭の予防や対策になります。

口臭の発生する原因になることは?

口臭の原因には、口腔疾患、舌苔や歯垢の蓄積、喫煙がよく挙げられています。その原因が、なぜ口臭を引き起こすのか見ていきましょう。

 

口腔疾患によるもの

虫歯

口臭,原因,対策

口臭の原因として頻繁に挙げられています。虫歯ができたからすぐに口臭が出るわけではないですが、虫歯に雑菌が繁殖して悪臭が出てくることはよくあるとされています。また、虫歯が歯茎にダメージを与えて、歯茎から膿の出ることも臭いに繋がります。

 

歯周病

口臭,原因,対策

歯茎からの出血や、雑菌の侵入で口臭が生じることが多いようです。歯周病が悪化して歯槽膿漏の状態になると、多くの膿や細菌が歯茎から出てくるため、口臭の原因となり、さらに臭いが強くなることも考えられます。

 

虫歯や歯周病は、口臭の直接的な原因になることも、全身の健康にも良くない影響も出ることがあることも、理解しておくことが望ましいですね。

 

舌苔や歯垢の蓄積

舌苔や歯垢は、食べカスやそれにくっつく細菌がまとまったものであり、口臭が出てくる原因のひとつとして挙げられています。舌苔や歯垢が蓄積されることは、口臭の発生や悪化に関わるので、普段から注意する必要があります。

 

舌苔
舌苔とは、舌の表面に広がった白い物体を示しています。これは食べ物のカスなどから生じた汚れの集合であり、長い間蓄積された状態が続くと臭いのもとになります。舌苔から発生する臭いは、揮発性硫黄化合物と呼ばれるもので、口臭として自覚したり、他の人から指摘されたりしてしまうのです。

 

歯垢
歯垢とは、歯や歯と歯茎の境目に蓄積されているもので、同じく揮発性の硫黄化合物が発生します。

 

喫煙の習慣に伴うもの

口臭,原因,対策

タバコを吸うことも、口臭の原因になりやすいとされています。一般的には、「ヤニみたいな臭い」と形容されるこの口臭は、タバコに含まれるタールが原因で発生しています。口の中にタールが充満することで口臭が発生する可能性は高まり、舌に付着すると独特の口臭が生じるのです。

 

ニコチンには、唾液の分泌を弱める作用があり、口腔内を清潔に保つことを難しくします。タールも、ニコチン両方とも、タバコの喫煙の特徴として、口臭の原因になり、口臭リスクを大きく高めると考えられています。

まとめ

口臭を放つ原因は、虫歯や歯垢、また喫煙習慣にあることが分かりました。対策としては、普段のオーラルケアを徹底して、定期的に専門の歯医者さんに口の状態をチェックしてもらうことが必要です。