汗臭の原因とは?臭いを改善するために必要な対策の方法とは…?

汗臭を普段から感じる人は、どんな原因があるのか知りたいですよね。そして、汗臭を改善する時には、どのような対策の方法を打てばよいかも気になるところです。この記事では、汗臭の原因、対策について見ていきます。

汗臭を改善するための方法とは?

汗臭を改善するためには、運動とストレス軽減湯船に浸かる入浴方法汗を拭き取る食事のバランスという4つの観点が重要になります。ここでは、それぞれの大事な点や気を付けるべきポイントなどについて、それぞれ見ていきましょう。

 

運動の習慣とストレス軽減

汗臭,原因,対策

良い汗をかいて、汗臭への対策を行うことは一番効果があるかもしれません。汗のかき方を体に覚えさせ、汗に乳酸が多く含まれない状態を作ることは、臭いの原因を取り除くことにも繋がります。ストレスを軽減させることも、汗の質を改善することに関わってきます。

 

体を動かせば、自然とストレスが発散されることも多いので、運動とストレスの軽減を同時に実践するのがベストですね。汗が臭っていることを気にしてストレスを感じる人もいるでしょう。そのような人も、運動して汗臭さが無くなってきたことを実感すると、ストレスも少なくなり良い循環が生み出されます。

 

入浴は湯ぶねに浸かる

汗臭,原因,対策

お風呂は浴槽に浸かって、汗臭を改善する対策を打ちましょう。湯船に浸かることで、全身の汚れが落ちやすくなります。温度は極端に熱くなければ問題ありませんが、38〜39℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かるのが良いですね。

 

10分程度浸かっていれば、皮膚の汚れやかいた汗は簡単に落ちる可能性がアップします。シャワーと湯船に浸かるのを両方取り入れるのも、汗臭対策にはもってこいです。湯船に浸かるようにすると、汗臭への対処以外にも、リラックス効果もあって、ストレス軽減にもつながります。

 

汗はこまめに拭き取る

かいた汗は、こまめに拭き取る習慣を是非つけてみてください。かいた汗を放置すると、不快な臭いが発生しやすいので、気付いた時にこまめに拭き取ることがベストです。タオルで軽く拭き取っておくだけでも、臭いを防ぐことができます。

 

汗臭,原因,対策

また、ウェットシートや制汗剤入りボディーシートなどを使うと、汗を拭き取ることと抗菌や消臭作用も期待できます。少ない量の汗でも、タオルやシートで拭き取る習慣をつけると、汗臭の対策はしっかりと進めることが可能になるでしょう。

 

栄養バランスの整った食事

肉に偏らず、野菜や魚など、できるだけ多くの食材を口にする食生活が、汗臭対策には有効です。特に緑黄色野菜は、体臭や汗臭が出やすい酸性の体質から、アルカリ性の体質に近付ける作用があるため、積極的に食べることがオススメです。

 

汗臭,原因,対策

魚は肉に比べて良質な脂質が含まれ、汗臭を悪化させる原因にはなりにくいとされています。野菜や魚は多くの栄養素が含まれており、健康管理にもバッチリ役立つので食べる機会は増やすべきですよね。

 

普段の食事を急に変えることは難しいですが、徐々にでもヘルシーでバランスのとれた食事にシフトすることを心掛けてみましょう。

汗臭が発生する5つの原因

汗臭が発生する原因は、主に5つあるとされています。それは運動不足入浴法汗の放置食生活ストレスという要素です。ここでは、それぞれの汗臭の原因に関して、見ていきましょう。

 

運動不足の生活

運動不足は、汗臭の原因になりやすい生活習慣です。普段から運動している人は、汗を必要な分だけかき、サラサラな汗が出てきます。しかし、運動不足気味の人は汗を上手くかけず、出てきた汗は筋肉疲労物質の乳酸が多く含まれています。

 

乳酸の割合が高い汗は、細菌が分解するので汗臭を引き起こしてしまいます。普段から汗をかく人よりも、汗の質が良くないことから悪臭が出てしまうようです。

 

強いストレス

汗臭,原因,対策

ストレスを強く感じると、交感神経が刺激されて汗の質が悪くなります。それによって、汗臭が強くなったり、普段は気にならないのに臭いを感じたりします。ストレスと汗の質は関係が強いので、なるべくストレスを溜めないことが良いですね。

 

入浴のしかた

入浴時にシャワーだけで簡単に済ませてしまう人は、かなり多いかもしれません。時間がない、忙しいなどの理由でシャワーだけにするという理由が多いでしょう。しかし、シャワーだけで入浴を済ませても、かいた汗や皮膚に付着した汚れは完全には落ち切りません。

 

汗の成分や汚れが落ちないままの状態が続くと、当然汗臭さが消えることなく残ってしまうのです。時間をかけてシャワーで体を洗ったとしても、それでも完全に汗臭の原因が取り除かれることは難しいとされています。

 

入浴方法については、しっかり湯ぶねにつかることで、汗臭の予防につながります。

 

汗をかいたまま放置

 

汗をかいた後に、そのままの状態で放置しがちな人はいませんか?しばらく放っておけばまた肌が元通りになると思い、ついついやってしまいますよね。汗をかいた後には、汗に含まれる脂質やタンパク質、老廃物、そして細菌などが絡んで汗臭を発してしまいます。

 

汗っかきな人や普段から汗をかく時間が多い人などは、汗をかいた後に放置しないことがベストですので、注意してみると良いでしょう。

 

肉に偏った食生活

日々の食事で肉が多めの人も、汗臭の原因になるとされています。脂肪分やタンパク質は、肉を食べた後の汗には普段よりも多めに含まれています。汗に寄ってくる細菌は、こういった成分が大好物で、それを栄養にして臭いを発生させます。

 

肉が好きな人は体臭がきつくなりやすいことはよく知られていますが、汗臭についても同じことが言えそうです。

まとめ

汗臭の原因になる運動不足、シャワーだけの入浴、汗の放置、肉メインの食事、ストレスは、改善するべき点であることが分かりました。それぞれの原因を改善していくことで、汗臭への対策も有効に進められることが期待できそうですね。