加齢臭の原因と対策を一挙公開|おすすめアイテムまとめ

様々な加齢臭対策グッズが販売されています。加齢臭は体の外側の対策と、内側からの対策が有効だと管理人は考えています。ここでは、加齢臭の原因と対策を、体の内側と外側からの両方でサポートできるようにまとめてみました。

 

加齢臭対策効果のある成分の紹介
ポリフェノール 防臭・防菌に非常に効果があり、様々な商品に使われています。ポリフェノールの一種である柿タンニンや緑茶タンニンが有名です。
イソフラボン 女性ホルモンと似た働きをします。「アグリコン型」は、吸収の効率がいいのでおすすめです。
ビタミンC・E 2つを一緒に摂ることで加齢臭を抑えることが出来ます。
コエンザイム(Co)Q10 加齢臭を抑制する効果がある。コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類があるが、どちらも加齢臭に有効であると実験結果が出ています。

コエンザイムQ10の加齢臭を抑える効果は、2017年の4月に資生堂が発表しました。これからのグッズに反映される成分です。

 

加齢臭対策効果があるグッズの紹介
石けん・ボディソープ 医薬部外品がついているものには、体臭を防ぐ、皮膚の殺菌効果があると認められています。付いていないものでも、体臭に効果がある成分を使っているので、ニオイ対策としては有効です。
サプリメント 体の中から加齢臭に対策できます。サプリメントの成分で多いのが、シャンピニオンエキスというマッシュルームから抽出したエキスです。
スプレー 体に直接ふりかけるものから、服に使用するものまで様々です。
クリーム(ゲル) 直接ニオイの幹部に塗れるので人気です。塗った後に十分に乾かすとよりよく効果を発揮します。
インナー(下着) 消臭加工がしてあり、洗濯すると何度も使用できます。商品の耐久性は、使う人で違います。

加齢臭と上手に向き合う

年齢を重ねると加齢臭が発生してしまう度合いが高くなりますが、誰でも起こりうることなので過剰に気ににないことも大切です。ノネナールを作る過酸化脂質は、体内の活性酸素が発生することによって増加してしまいます。

 

活性酸素の主な要因というと、「ストレス」です。

加齢臭,おすすめ

 

ニオイが発生してしまったことを気にすることでストレスを感じてしまい、活性酸素が発生し、ノネナールが作られて、加齢臭が増加し、ニオイを気にするというループが生まれてしまいます。ストレスを溜め込まないことが加齢臭を減少させることにもなります。

 

加齢臭の元は、ノネナール

人の体には、皮膚の潤いを保つための皮脂を分泌させる皮脂腺があります。年齢を重ねると、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸(脂肪酸)が増加します。それと一緒に過酸化脂質という物質も増え始めます。

 

この2つが結びつき、分解参加されてできるのが、ノネナールという物質です。このノネナールが加齢臭の元になっています。

 

加齢臭と生活習慣病の関係

加齢臭,おすすめ

 

肉類が好き、お酒もたくさん飲む、タバコも吸います、運動は全然やっていません、仕事などでストレスも溜め込んでいます。という人は生活習慣病になりやすいということが知られていますね。加齢臭の派生することも、この生活習慣病と似ています。

 

皮脂腺に脂肪分が増えると、分解される脂肪分も多くなります。そうすると加齢臭の元になるノネナールの量も多くなっていきます。

 

加齢臭の原因を減らしたいならば、体の内側からケアすることをおすすめします。

パルミトオレイン酸(脂肪酸)の原料となる、脂質摂取を控えましょう。そして、活性酸素を減らしてくれるビタミンC・Eを摂りましょう。この2つは一緒に摂ると効果的です。抗酸化物質も多く摂ることも大切です。

 

抗酸化物質の例

緑茶カテキン、ごまのセサミノール、赤ワインのポリフェノール、大豆製品のイソフラボンなどがあります。