中高年の悩みである加齢臭の原因は?有効な対策方法は何?

中高年の方の悩みである加齢臭は、どういった理由で起こっているのかは気になる部分です。また、加齢臭への対策は、しっかりやりたいものですよね。そこでこの記事では、加齢臭の原因や対策に関して見ていきます。

加齢臭への有効な対策方法
加齢臭には休息お酒の摂生食事の見直し運動の習慣の4つが効果的とされています。それぞれの対策方法に関して、細かく見ていきます。

 

十分な休息

疲労が蓄積されることは、加齢臭になる大きな原因となります。休息を十分にとり、体内の抗酸化力を高める方法が、加齢臭の一番の対策になると言えそうです。

 

睡眠時間を長めにとることや、体が重いと感じる時にはすぐに休息に入るなど、ちょっとした心がけで加齢臭にも良い効果が出てくるでしょう。

 

疲れ気味の時に加齢臭がちょっと気になっていた…という人が、休養をとってあまり気にならなくなった例も多いので、対策としてはオススメです。

 

お酒を控えてみる

口臭,おすすめ

毎日飲酒をする人で加齢臭が気になる時は、少しお酒を控えることも考えましょう。お酒を全く飲まないのが難しい場合には、飲む量を減らすなどして、過酸化脂質が体内で増えることを抑えることも加齢臭に効果的です。

 

よくお酒を飲む人ほど、加齢臭の出る可能性や、臭いが強くなるリスクは高くなるので、お酒を控えることは対策としてはかなり効果がありそうです。どのお酒のも、肝臓でアルコールが分解されるタイミングで活性酸素ができ、やがて過酸化脂質になります。

 

そのため、特定のお酒だけ控えるのではなく、アルコールの入ったものはトータルで控える方法が望ましいでしょう。

 

食事の内容を見つめ直す

口臭,おすすめ

いつも肉やジャンクフードばかりを食べていると、加齢臭の出やすい体質になりがちです。普段の食事の内容を見つめ直し、できるだけ多くの種類の食材を口にすることを意識しましょう。

 

抗酸化物質を多く含む野菜や果物は、意識的に食べることがベストです。また、魚や豆類なども、加齢臭を含む体臭を緩和させる作用が強く期待できるので、不足しないようにメニューに加えることが対策になりそうです。

適度な運動

適度に運動を心掛け、体脂肪を減らすことが加齢臭対策に繋がります。肥満の傾向が強い人は、それだけ加齢臭の可能性が高まるので、体重や体脂肪を減らすために運動の習慣を実践することがベストです。

 

口臭,おすすめ

臭いを引き起こす物質のノネナールの生成が抑制されたり、それによって加齢臭が改善されたりします。体型が肥満傾向で加齢臭が強いなと感じる人は、すぐにでも運動を日常生活に取り入れるべきですね。

 

短距離の移動は歩いてみたり、軽いジョギングをしてみたりなど、簡単にできる方法で実践することが対策には適しています。日常生活の延長で運動する、と言う意識でやってみると良いかもしれません。

加齢臭発生のメカニズム

加齢臭が発生するメカニズムを抑えておきましょう。臭いを引き起こす物質は、ノネナールというものです。馴染みのない名前ですが、脂肪酸や過酸化脂質と言った物質が、皮膚の上で酸化したことでノネナールの成分が生まれます。

 

脂肪酸、過酸化脂質の物質自体は、加齢臭が起こりやすい40代、50代あたりから増えてくるので、ノネナールも皮膚で生成されやすくなってしまうのです。このメカニズムに、加齢臭のリスクを高める生活習慣が大きく関わってくるのです。

加齢臭の原因を作る生活習慣

生活習慣が原因で、加齢臭が発生することはよく知られています。特に疲労、飲酒、食事、運動不足という要素は加齢臭と関わりが強いようです。ここでは、各要素に関して詳しく見ていきましょう。

 

慢性的な疲労

疲れが溜まった状態が続くのは、加齢臭の原因となりやすいです。臭いを引き起こす物質であるノネナールの原因になる過酸化脂質は、健康な状態であれば抗酸化物質によって作られることが防げます。

 

しかし、疲れの蓄積された状態では抗酸化作用が鈍り、過酸化脂質はどんどん作られ、ノネナールが生まれて加齢臭が起きやすくなるのです。加齢臭が発生しやすい年齢の時期には、働き盛りであったり、子育てで知らない間に疲れていたりする時期です。

 

そのため、疲労度が高くなるにつれて、加齢臭も強くなり、自分でも気になってしまう…ということに繋がります。

 

頻繁な飲酒

頻繁にお酒を飲む習慣が根付いている人も、加齢臭には要注意と言えそうです。アルコールが体内で分解される際に、多くの活性酸素が作られます。食べ物から摂取した脂質と仲が良く、くっついて過酸化脂質が生成されてしまうので、加齢臭を引き起こしやすくなります。

口臭,おすすめ

適度な飲酒であれば加齢臭リスクを上げる心配はそれほどありませんが、多くのお酒を飲んだり、毎日のように飲酒する人は注意が必要です。お酒があまり強くない人も、少ない量で加齢臭を起こす原因になることも考えられます。

 

偏った食事バランス

食事バランスの偏りは、加齢臭を強めてしまうことがよくあるとされています。特に、加齢臭の原因であるノネナールを生む脂肪分の多い食事が日常的になっている人は、臭いが気になりやすくなりがちです。

口臭,おすすめ

 

肉メインの食事であったり、普段からファーストフードをよく食べたりする人は、特に注意する必要が出てくるかもしれませんね。

 

運動不足

口臭,おすすめ

運動不足気味だと、体質が肥満傾向になりやすいです。加齢臭の原因となるノネナールの成分は、体内に蓄積される脂肪分が材料の一部になるので、加齢臭の起こりやすい状態に陥ります。

 

運動不足になると、全身の病気のリスクが高くなりますが、加齢臭のリスクと言う点も高くなりやすくなるので、その点も抑えておきたいところです。

まとめ

加齢臭の原因は、普段の生活習慣が強く関わっているということが分かりました。普段から食事に気を遣ったり、運動をしたり、疲労をとったりすることが有効な対策となるようです。簡単にできるものから始めていきたいですね。